赤い丘とバイソン

日曜の午後。 

家の前の道をすこし歩くと行き止まりになり、そこが赤い丘の入り口です。  

f0376101_07042374.jpg
f0376101_07055465.jpg
右のユーカリの下にある倒木
遠くからみると4つ足の獣にみえるのでいつも一瞬ギョッとする…
見かけるのはカンガルー、キツネ、うさぎ、エキドナ(ハリネズミ)、いろいろな鳥たち
まだ蛇には遭遇していない…

f0376101_07084483.jpg
少し登ったところでヒナタのリードを外します

f0376101_07072483.jpg
解放〜 

ぷらぷら歩いて、帰りの下り坂。


f0376101_07101569.jpg
このすぐ向こう側は民家のある通り

f0376101_07113449.jpg
赤い丘からプチっと失敬してきた
名も知らぬ野の花とユーカリの新芽
これにいれよう

f0376101_07124873.jpg
ユーカリの新芽がすごく柔らかい
「これだったらコアラじゃなくて私も食べられるかも…」
やわらかそうな葉っぱをみると、つい味見したくなりませんか?
でもガマン

f0376101_07105477.jpg
グレーのミルクボトルはBisonhomeのものです
デザイナーのブライアン・ハントさんは、キャンベラ出身で今もここに住んでいます。 

f0376101_07535701.jpg
バイソンの床に置いてあった多肉の鉢


キャンベラ空港のすぐ近くにフラッグストアがあり、ブライアンさんのお母さんがお店にでています。

先日お店にふらりと寄って、商品ではなく床に置いてあった多肉の鉢をジーっと眺めていたら、

「これいいでしょ〜、増やして、増やして」

って、下の方の少し枯れた葉っぱをブチっとちぎってくれました。 なんて気さくな… 

お母さま、話や外見から判断するとかなりのご高齢ではと勝手に思っているのですが、最近再婚されて、しばらくお店も休んでいたとのこと。赤い口紅の似合う素敵な方です。

行って器を眺めるだけでも楽しいところです。







# by onetspofoz | 2016-10-25 08:30 | 自然、動物、花、わんこ | Comments(2)

ヒナタ、キミはナニモノ?


去年のクリスマスプレゼント。

f0376101_06520917.jpg
そういえば最近見かけない… 埋めた?


f0376101_06490978.jpg
赤い丘にて(去年)
オアフ島にあるヒューメイン・ソサエティという動物保護団体出身です。 生後6週間の頃、兄弟と一緒に里親を探しに出されていました。
生い立ちを紹介した紙には、「ラブラドール系」と。 
もともと大型犬が飼いたかったので、なんとなくラブラドールっぽい成犬になるんだろうとおもったら、
いったいどこが?
この娘をラブラドール系と呼べるのなら、わたしがラブラドール系と呼ばれてもおかしくないぐらい、らしくない…

首から足の付け根にかけての筋肉… グレーハウンドみたいに全身で走るよね…
カーッと口をひらいた時のその頑丈そうなアゴ、一体誰譲り…?
ラブラドール系なのに、みず、きらいよね…
旅行に行く時ケンネルに預けると、「Hinataだけ、遊び方がちょっ〜と違うから…」って、必ず「個室」に移されるよね。
お義母さんが散歩につれて行った時、近所の家の前庭に飛び込んで、そこの飼いネコと「遊ぼう」として大変なことになったよね。
ディンゴ(オーストラリアの野生犬)に間違えられたよね。
あの夜、ポッサム(息絶えた、ネコぐらいの大きさの)くわえて立ってたよね。

そんな我が家の末娘。  
もうこの家に「オス」はいらないと思い「娘」にしたのですが、誰よりもワイルドな…
ほかの犬や動物(おもにカンガルー)が近くにいる時は、「落ち着け〜」の号令を出さないともう大変。
寒くて庭で洗えない時はシャンプーに連れていくのですが、ある日予約をいれた時に「Hinata」と言ったら、グルーマーの方が、「日本人? Naruto見てる?」って。
その通り、Hinataという名前は、ナルトの日向ヒナタからとったもの。 
いろいろあったけど、そしてこれからもいろいろありそうだけど、とりあえず今日もこれから散歩に出かけます。
行き先は、いつものところ。 
「赤い丘」という「裏山」ならぬ「裏丘」。
こんなところです。 

f0376101_06182108.jpg


f0376101_06244795.jpg


f0376101_06291993.jpg


f0376101_05474745.jpg
今日は日曜なので、このお兄ちゃんもいっしょに…
f0376101_09363911.jpg
一番いっしょに遊んでくれる友

散歩道の風景もまた投稿します…























# by onetspofoz | 2016-10-23 10:02 | 自然、動物、花、わんこ | Comments(2)

週末の一食と「Hue」のフォカッチャレシピ

フロリアードのことを書いたりしていたら、少し日が経ってしまったのですが、週末の一食です。

最近新しいバーベキュー台を買ったので、使いたおしてます。 

鶏の胸肉を串に刺しBBQしたもの、野菜各種、フォカッチャ。

f0376101_06461653.jpg
鶏肉を適当な大きさに切って、ニンニク、タイム、赤ワインビネガー、醤油、オリーブオイルでマリネしたもの


f0376101_06430826.jpg
野菜各種と赤ピーマン、ハラペーニョとライムのディップ(市販品)
f0376101_06435818.jpg
フォカッチャ
まな板からはみ出てます
でも5人だとあっという間になくなる…
f0376101_06451032.jpg
10分で焼けるので嬉しい
ホッカホカフッカフカのフォカッチャのレシピはこの方の本からです↓
f0376101_18494482.jpg
 Hue Feanley-Whittingstall River Cottage every day Bloomsbury社

イギリスの田舎で野菜や果物を育て、家畜を飼い、地物の食糧を使いながら生活しているイギリスの料理人兼フードライター、ヒュー・フィーンリー ウィッチングストール(Hue Feanley-Whittingstall)。名前がすごく長いので、以下ヒュー。

『River Cottage』という、ほぼ自給自足の生活とそこで作られる料理のテレビ番組はオーストラリアでも放映されていたので、ここでも知名度の高い人です。

料理は、素朴、骨太。 繊細で手の込んだものは全く求められていない、我が家にはぴったり。

いろいろと逸話のある人で、その昔「自分の胎盤を料理してほしい」という女性客の依頼で胎盤料理をつくったとか。 彼の料理ぶりや生活をみていると、「絶対作ったよね」っと確信が持てます。

そうそう、フォカッチャ…

簡単で美味しいのでよく作っています。 フォカッチャのレシピは多分どれも似ているような気がするのですが、いつ作っても失敗なくできるので、ヒューのレシピを私が記憶している形でご紹介します。

 
《ヒューのフォカッチャレシピ》

材料 
(フォカッチャ)
強力粉 500g
塩 10g
ドライイースト5gを350ccのぬるま湯に溶かしたもの
オリーブオイル 大さじ2

(焼く前に生地にふりかけるもの)
オリーブオイル 大さじ2〜3
粗塩 適宜
ローズマリー 適宜

1)オーブンを230度に予熱します。

2)大き目のボールに強力粉と塩を入れて軽く混ぜ、ぬるま湯にイーストを溶かしたものを入れて、手で混ぜ合わせます。

3)生地がほぼまとまってきたら、生地にくぼみをつくりオリーブオイルを加えて、生地をまとめます。

4)生地を取り出し、打ち粉をふり、最低5分ほどねります。 

5)ボールに戻し、ラップをして室温で1時間ほど(室温にもよりますが…)、生地が2倍になるぐらいまでねかせます。

6)生地を取り出し、すこし叩いて空気をぬき、細長く伸ばして形をつくります。指先で生地の表面にくぼみをつくり、オリーブオイルを回しかけ、粗塩とローズマリーとふりかけ、230度のオーブンで10分ほど焼きます。

*ヒューのレシピは、長方形の型に生地を入れ2次発酵させてから焼きますが、2次発酵は無しでも大丈夫です…というか、やったことがありません…でも十分美味しいです。

うちのオーブンは火力が強いので、レシピ通りに焼くと焼き過ぎになるので、いつも220度で7〜8分ぐらい焼いてます。

生地に、いろいろと挟んで、カネロニ風に焼いてもグーです。

この日はレシピの2倍量でつくり、前日のミートソースの残りとチーズとサラミをいれて次の日のお弁当にもたせました。

f0376101_08010631.jpg
生地を円形にして具をはさみカネロニ風に焼いたもの

f0376101_08021630.jpg
ミートソースとチーズとサラミ

作るほうも食べるほうも温まります。

よかったらぜひ♪

























# by onetspofoz | 2016-10-20 09:08 | 食、レシピ | Comments(0)

お誕生日おめでとう!ワラターの赤い花

今日はある人のバースデー。 

花を買いに行きました。
f0376101_15113595.jpg
カウンターの上に飾ってあったピンクのプロテアの花


Kingstonに最近できたフローラルソサエティという花屋さん。店内にはいると、あれ? 花屋とはいうものの、花はテーブルと棚に少しだけで、あとはバーのカウンターのような感じ。 どうやらカウンターに腰かけてゆっくり好きな花を選んでくださいということのよう…

f0376101_15132448.jpg
お店の人に、

「なんだかあまりお店っぽくないですね」

と言うと、

「最近はオンラインの注文ばっかりだからね〜、何にする? ま、座って〜」

どうやらこの方オーナーさんのよう。

「何がいいでしょうね〜?ネイティブの花がいいなあ。大げさじゃないシンプルなのにしたいんですけど…」

(お花をあげたい人。なにかしたら倍倍倍返しにしてくれるような人なので、なるべく気を使わせないようさりげなく…)

と言ったら、奥からたった今着いたばかりのワラターを出してきてくれました。

f0376101_15122417.jpg
お〜、いい感じ!
ワラター


「お〜、これいい!」

ということで即きまり。 もちろんガム(ユーカリ)と合わせて。 

「ラッピングの紙はえらべるんですか?」

と聞いたら、

「白しかないの、リボンは黒だけ」

ということで、ハイ簡単に決まりました。
f0376101_19064812.jpg
気に入ってくれるといいんだけど…

f0376101_15150543.jpg
ワラター柄のふきん

バースデーガールは素敵な女性です♪ わたしが人生で経験してきたことをいつも彼女が数歩先に経験しているので、いろいろと相談にのってもらってばかり。 知り合ってずいぶんと月日がたち、いろんなことを話尽くした気がするのですが、いつ会ってもポジティブで他人を認め褒めることができるひと。大好きなんだな〜♪

ハッピーバースデイRさん。 素敵な1年になりますように。














# by onetspofoz | 2016-10-18 05:30 | 自然、動物、花、わんこ | Comments(0)

花のお祭り・フロリアード(Floriade) その2

前回の続きです。

こんな駄菓子を喜んで買ってしまった花のお祭りフロリアード。

f0376101_06153694.jpg
サワースティックという甘酸っぱいグミのようなキャンディ

f0376101_10310487.jpg
切ってジャーに入れておいたらあっという間になくなっていた…

f0376101_10351974.jpg
大型オルゴール

f0376101_06080941.jpg
裏はこんな感じ
穴の空いた木の楽譜を差し込むと音が出る仕組みのよう…

一昔前の遊園地にでも来たような、懐かしいメロディ。 さすがにオルゴールCDを買う気にはならないけど、絶やしてはいけないもののような気がして、募金箱にコインを… 

f0376101_06133718.jpg
オブジェ
左からコカトゥ、クカバラ(ワライカワセミ)、カンガルー(ワラビー?)、猫
最近こんな感じの「さびメタル」のオブジェをよく見かけます
はやっているのかな…
f0376101_11214181.jpg
園内にはちらほらネイティブプラントも
カンガルーポー
ひとまわりしてお腹もすいてのでランチにすることに
f0376101_06115772.jpg
息子はハンバーガーを
お友達はなんと最近ベジタリアンになったのでポテトフライだけ…
f0376101_06122854.jpg
ワイルドライスとキヌアとりんごのサラダ
さ、食べようと思ったら子供たちはとっくに食べ終わっててワサワサと落ち着かず…
でも美味しかったです、これ
ごちそうさま


















# by onetspofoz | 2016-10-17 08:21 | キャンベラ(周辺)探訪 | Comments(2)

花のお祭り・フロリアード(Floriade)

春のキャンベラの(ささやかな)花の祭典、フロリヤードに行ってきました。

ずっと雨続きだったのですが、この日はようやく晴れ。 

泊まりに来ていた末っ子の友達もつれて3人で出かけました。

f0376101_06010019.jpg
市街地から近いコモンウェルスパークで毎年9月半ばから10月半ばまで開催しています
f0376101_07381582.jpg
キャンベラらしく入場料もなく、週末でもなければ駐車場が満車になることもなく
ふら〜りと散歩に行くにはもってこい
2、3時間あれば十分まわれる広さです

f0376101_06110460.jpg
花も良いけど
木々の若葉色が春を感じさせます
f0376101_07404103.jpg
なぜかここにペリカンが一羽だけ…
f0376101_05552047.jpg
レトロな観覧車やコーヒーカップなどがあるキッズコーナーも

f0376101_05594023.jpg
なぜか心惹かれる馬のオブジェ
f0376101_05561759.jpg
f0376101_05575383.jpg
やっぱりチューリップが一番多いかな

f0376101_06042993.jpg
残念ながらやっていなかった見世物小屋…
f0376101_06033239.jpg
春休みだというのになぜこんなにすいている? 会場内
f0376101_06020397.jpg
花には全く興味なし!
観覧車に乗ったあとは
ただじゃれあって歩くだけの5年生2人

f0376101_06071480.jpg
きらいじゃない…!
庭の小人ノームたち
会場で色つけできます

f0376101_06142058.jpg
売店コーナーも
サワースティックというなが〜いグミのようなキャンディのお店

f0376101_06150345.jpg
甘酸っぱくてついつい次のフレイバーも試してみたくなる味
『これ』というと、ちょっとハサミで切って味見させてくれます
子供にかこつけて実は喜んで買っているわたし!
多分自然の成分はゼロ(着色料過多)だと思われますが「祭り」なのでヨシということに…! 

f0376101_06170635.jpg
左からラズベリー、ブルーベリー、スイカ、レインボー
スイカ味うまし…


続きはまた次回…

こちらは春だというのに今朝はマイナス1度でした… 

どうぞ良い週末を…♪












# by onetspofoz | 2016-10-14 09:19 | キャンベラ(周辺)探訪 | Comments(2)

サムライブルー対サッカールーズとビーツの入ったサラダ


昨日のメルボルンでの、W杯最終予選。 惜しかった!! 後半のペナルティがまた… 

オズのチャンネルナインで観ていたのですが、試合終了後、ベンチの原口選手の悔しそうな表情がアップで映っていました…

観戦中、日本の友からメールが来て、

「こういう時はどっち応援してるの? やっぱりオーストラリア?」

「日本だよ!」 

と私。 そしたら、

「応援、ありがとう!」

と友。

日豪の試合の前はオット(豪州人)が必ずわざと「ちょろいちょろい、どこからでもかかってこいや〜」的な発言をし、家庭内で「日対豪」に分かれるようアオってから、キックオフ。 こんな儀式が、ずっと続いています。 

あれは岡野雅行さんがまだ日本代表で、激しいプレーで目立っていたころ… 「え、だれだれ? ヤジン? ヤバンジン?」 と、オットも岡野選手に興味シンシンだった90年代後半… そのころと比べても、日本の選手、体格もスキルもどんどん前に行く積極性も素晴らしくて見応えがある!

今回オットは出張中なので、昨夜は私と息子たちと比較的おとなしく観戦しました。 

日本の「Samurai Blue」、オズの「Socceroos」、「侍 対 ルー(カンガルー)」って、分かりやすくて好き。

f0376101_07431817.jpeg
近くの公園のカンガルー
by Takako

カンガルーは、どこにいっても良く見かけます。↑は数週間前に友とカメラをもってぷらぷら散歩に出かけた時の友の1枚。 

そうそう、今日はビーツのことを…


f0376101_10063657.jpg
ビーツとダークライブレッド

先日マーケットで買ったビーツとライ麦パン。 ビーツは皮が張って、葉や根の先の方までピーンとしていて、新鮮そのもの。 ライ麦パンは、スライスしてうっすらバターを塗って食べると止まらない… 

f0376101_10071300.jpg
マイクロしそ

この日は、こんなものも買いました。

カイワレのように根ごと容器に入って売っています。 大きさもカイワレほど。 でもしっかりとシソの味がします。 

そうそうビーツのこと…

こちらではハンバーガーにも、野菜サンドにも缶詰のビーツが入っているほど、よくビーツを食べます。 缶詰もまずまずだけど、やはり新鮮なものにはかなわない。

ビーツは、茹でてもいいのですが、オーブンでローストすると美味しいです。

f0376101_08202327.jpg
切ってオリーブオイルと塩胡椒をふりかけ
180度のオーブンで30分ほど

グリルしたものをそのまま食べてももちろん美味しいけど、サラダにのせても美味しいしキレイです。

f0376101_06573118.jpg
ローストビーツ、クレソン、フェタチーズ、プロシュートのサラダ


f0376101_08210048.jpg
f0376101_06502267.jpg
ローストビーツとパンプキン、ルッコラとほうれん草、フェタチーズのサラダ
これは義母のお気に入りの組み合わせ


ドレッシングはイタリアンでもフレンチでもなんでも… ビーツは、色がキレイなのですが、調理していると手もまな板も真っ赤に… でも不思議と色はすぐ落ちます。 

こちらはこれからだんだん暑くなり、サラダの回数が増えそうな陽気です。







# by onetspofoz | 2016-10-12 09:19 | 食、レシピ | Comments(0)

ごあいさつ、カンガルーポー

はじめまして。(前のブログを読んでくださっていた方、こんにちは♪)

こちらは春で、ようやく暖かくなりはじめたところです。

ごあいさつ代わりにカンガルーポーをお届けします。

f0376101_10154419.jpg
カンガルーポー(kangaroo paw)


f0376101_10162266.jpg
花の部分がカンガルーの足(paw)に見えるのが名前の由来です
花が咲くと鳥たちが蜜をねらってやってきます
本当の名前は「アニゴザントス」

茎も花もうっすらと「うぶ毛」におおわれていて可愛らしい

こんな色もあります。

f0376101_06362685.jpg
深紅もまたなかなか…
f0376101_06411382.jpg
花開くとなお美しい…
f0376101_06370744.jpg
ベルベットみたいな感触

カンガルーポー、他には朱色、レモンイエロー、緑、ピンクなどがあります。


ここキャンベラは一応オーストラリアの首都なのですが、街全体が国立公園のようにのどかなところ。

「ブッシュ・キャピタル」とよばれているのですが、官庁ばかりなので「たましいのない街」なんて言われることも…

でも、のんびりと生活するには悪くないところです。

そんなオズの首都より、日々のアレコレを不定期で…

オジーのオットと息子3人、ハワイで引き取ってきた保護犬のヒナタが家族です。

どうぞよろしくおねがいします♪






旧ブログはこちら→オズをひとさじ























# by onetspofoz | 2016-10-10 16:11 | ごあいさつ | Comments(0)


オーストラリア・キャンベラの日々


by Chie

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンクご自由にどうぞ♪

カテゴリ

全体

キャンベラ(周辺)探訪
食、レシピ
日々
ごあいさつ
自然、動物、花、わんこ
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月

お気に入りブログ

湘南気まま生活♪
専業主婦の本棚
フィレンツェ田舎生活便り2
Waterfront
nanako*sweet...
花便り
フォト de パラダイス
チクチククチート
日々と木曜茶会と兎舎と*
アート農場と庭
写心食堂
薫の写心
SAKOmama 布絵本工房
ドイツで手作り田舎ぐらし
ちょっと田舎暮しCali...

外部リンク

最新のコメント

> hogecyanさん..
by onetspofoz at 11:35
素敵な夕暮れ。 いいお..
by hogecyan at 20:08
> hogecyanさん..
by onetspofoz at 12:50
イチジクのタルト、美味し..
by hogecyan at 14:15
> nanako-729..
by onetspofoz at 14:50
こんばんは! 艶々のイ..
by nanako-729 at 21:06
> delicasibさ..
by onetspofoz at 06:05
はじめまして♪ コ..
by delicasib at 20:24
> otenbaseni..
by onetspofoz at 13:49
Chieさん、こんにちは..
by otenbasenior at 07:21

検索

最新の記事

海へ(つづきです)
at 2017-06-18 11:30
海へ
at 2017-06-15 13:30
散歩道とおとなりの犬兄さん
at 2017-06-11 08:08
マーケットへ
at 2017-06-05 05:57
赤い丘のミモザの蕾
at 2017-06-04 06:11

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧