カテゴリ:食、レシピ( 33 )

自分用サラダともらい藤


暑いのか寒いのかよく分からない天気がつづいています。

今週もオット出張のため、子供と私のごはんは別献立にしていました。 

献立とはいっても… 私は炊きたてのごはんとおかず1品とか、大きなサラダ1つとか楽なもの…

f0376101_13044580.jpg

この日の自分ごはんは、主食サラダ。 パーセニップとかぼちゃをオーブンに入れてローストしながら別のことをしていたら、ローストしていたことをすっかり忘れ、パーセニップもかぼちゃも半分以上こげこげに… さいきん、ほんとうにいろいろなことを忘れまくっています… 
f0376101_12492980.jpg
パーセニップ、ここにきて初めてたべた野菜です
水分がすくなくて繊維質、でも甘い
大根の代わりに味噌汁にいれると意外と美味しい
f0376101_12524320.jpg
皮をむくとものすごい美肌
でも、半分以上焦がしました ああ〜

f0376101_13033352.jpg
自分用のキヌアと、ローストパーセニップとパンプキン、
赤ピーマン、ルッコラ、アスパラ、トマト、生ハムとフェタチーズのサラダ
別名、冷蔵庫の在庫整理サラダ


f0376101_13052859.jpg
あまったサラダはフォカッチャにはさんで次の日
(生ハムがダブってますが、まあいいか…)



藤の花が咲いて、ふわふわしたわた毛が無数に空を舞っています。

藤の花。うちのではなく、毎年お隣さんの塀からはみ出してくるもの。芳しい!


f0376101_13232296.jpg
もらい藤

塀を越えて、自分の敷地内に入ってきた木や草花は、切ってしまってよいという条例があります。気にする人だと、お隣の木が塀を越えた越えない、切った切らないで、関係がギクシャクすることもあります。 

幸運にもうちは両隣ともあまり気にしないもの同士、うちからもかなりの木の枝や草をあげているし、両隣からもいただいているのを、あえて見ぬふりをして一体何年になるんだろう… 

我が家の裏にもかなりの塀を共有している家があるのですが、そこの家との関係というか歴史というかは… 長くなるのでまたの機会にでも… 

でもさいきん息子がサッカーボール蹴り入れた時は、庭に入らせてくれたからちょっとは関係改善ということ…?
f0376101_13223622.jpg
来年もたのむね♪



by onetspofoz | 2016-10-29 13:53 | 食、レシピ | Comments(4)

週末の一食と「Hue」のフォカッチャレシピ

フロリアードのことを書いたりしていたら、少し日が経ってしまったのですが、週末の一食です。

最近新しいバーベキュー台を買ったので、使いたおしてます。 

鶏の胸肉を串に刺しBBQしたもの、野菜各種、フォカッチャ。

f0376101_06461653.jpg
鶏肉を適当な大きさに切って、ニンニク、タイム、赤ワインビネガー、醤油、オリーブオイルでマリネしたもの


f0376101_06430826.jpg
野菜各種と赤ピーマン、ハラペーニョとライムのディップ(市販品)
f0376101_06435818.jpg
フォカッチャ
まな板からはみ出てます
でも5人だとあっという間になくなる…
f0376101_06451032.jpg
10分で焼けるので嬉しい
ホッカホカフッカフカのフォカッチャのレシピはこの方の本からです↓
f0376101_18494482.jpg
 Hue Feanley-Whittingstall River Cottage every day Bloomsbury社

イギリスの田舎で野菜や果物を育て、家畜を飼い、地物の食糧を使いながら生活しているイギリスの料理人兼フードライター、ヒュー・フィーンリー ウィッチングストール(Hue Feanley-Whittingstall)。名前がすごく長いので、以下ヒュー。

『River Cottage』という、ほぼ自給自足の生活とそこで作られる料理のテレビ番組はオーストラリアでも放映されていたので、ここでも知名度の高い人です。

料理は、素朴、骨太。 繊細で手の込んだものは全く求められていない、我が家にはぴったり。

いろいろと逸話のある人で、その昔「自分の胎盤を料理してほしい」という女性客の依頼で胎盤料理をつくったとか。 彼の料理ぶりや生活をみていると、「絶対作ったよね」っと確信が持てます。

そうそう、フォカッチャ…

簡単で美味しいのでよく作っています。 フォカッチャのレシピは多分どれも似ているような気がするのですが、いつ作っても失敗なくできるので、ヒューのレシピを私が記憶している形でご紹介します。

 
《ヒューのフォカッチャレシピ》

材料 
(フォカッチャ)
強力粉 500g
塩 10g
ドライイースト5gを350ccのぬるま湯に溶かしたもの
オリーブオイル 大さじ2

(焼く前に生地にふりかけるもの)
オリーブオイル 大さじ2〜3
粗塩 適宜
ローズマリー 適宜

1)オーブンを230度に予熱します。

2)大き目のボールに強力粉と塩を入れて軽く混ぜ、ぬるま湯にイーストを溶かしたものを入れて、手で混ぜ合わせます。

3)生地がほぼまとまってきたら、生地にくぼみをつくりオリーブオイルを加えて、生地をまとめます。

4)生地を取り出し、打ち粉をふり、最低5分ほどねります。 

5)ボールに戻し、ラップをして室温で1時間ほど(室温にもよりますが…)、生地が2倍になるぐらいまでねかせます。

6)生地を取り出し、すこし叩いて空気をぬき、細長く伸ばして形をつくります。指先で生地の表面にくぼみをつくり、オリーブオイルを回しかけ、粗塩とローズマリーとふりかけ、230度のオーブンで10分ほど焼きます。

*ヒューのレシピは、長方形の型に生地を入れ2次発酵させてから焼きますが、2次発酵は無しでも大丈夫です…というか、やったことがありません…でも十分美味しいです。

うちのオーブンは火力が強いので、レシピ通りに焼くと焼き過ぎになるので、いつも220度で7〜8分ぐらい焼いてます。

生地に、いろいろと挟んで、カネロニ風に焼いてもグーです。

この日はレシピの2倍量でつくり、前日のミートソースの残りとチーズとサラミをいれて次の日のお弁当にもたせました。

f0376101_08010631.jpg
生地を円形にして具をはさみカネロニ風に焼いたもの

f0376101_08021630.jpg
ミートソースとチーズとサラミ

作るほうも食べるほうも温まります。

よかったらぜひ♪

























by onetspofoz | 2016-10-20 09:08 | 食、レシピ | Comments(0)

サムライブルー対サッカールーズとビーツの入ったサラダ


昨日のメルボルンでの、W杯最終予選。 惜しかった!! 後半のペナルティがまた… 

オズのチャンネルナインで観ていたのですが、試合終了後、ベンチの原口選手の悔しそうな表情がアップで映っていました…

観戦中、日本の友からメールが来て、

「こういう時はどっち応援してるの? やっぱりオーストラリア?」

「日本だよ!」 

と私。 そしたら、

「応援、ありがとう!」

と友。

日豪の試合の前はオット(豪州人)が必ずわざと「ちょろいちょろい、どこからでもかかってこいや〜」的な発言をし、家庭内で「日対豪」に分かれるようアオってから、キックオフ。 こんな儀式が、ずっと続いています。 

あれは岡野雅行さんがまだ日本代表で、激しいプレーで目立っていたころ… 「え、だれだれ? ヤジン? ヤバンジン?」 と、オットも岡野選手に興味シンシンだった90年代後半… そのころと比べても、日本の選手、体格もスキルもどんどん前に行く積極性も素晴らしくて見応えがある!

今回オットは出張中なので、昨夜は私と息子たちと比較的おとなしく観戦しました。 

日本の「Samurai Blue」、オズの「Socceroos」、「侍 対 ルー(カンガルー)」って、分かりやすくて好き。

f0376101_07431817.jpeg
近くの公園のカンガルー
by Takako

カンガルーは、どこにいっても良く見かけます。↑は数週間前に友とカメラをもってぷらぷら散歩に出かけた時の友の1枚。 

そうそう、今日はビーツのことを…


f0376101_10063657.jpg
ビーツとダークライブレッド

先日マーケットで買ったビーツとライ麦パン。 ビーツは皮が張って、葉や根の先の方までピーンとしていて、新鮮そのもの。 ライ麦パンは、スライスしてうっすらバターを塗って食べると止まらない… 

f0376101_10071300.jpg
マイクロしそ

この日は、こんなものも買いました。

カイワレのように根ごと容器に入って売っています。 大きさもカイワレほど。 でもしっかりとシソの味がします。 

そうそうビーツのこと…

こちらではハンバーガーにも、野菜サンドにも缶詰のビーツが入っているほど、よくビーツを食べます。 缶詰もまずまずだけど、やはり新鮮なものにはかなわない。

ビーツは、茹でてもいいのですが、オーブンでローストすると美味しいです。

f0376101_08202327.jpg
切ってオリーブオイルと塩胡椒をふりかけ
180度のオーブンで30分ほど

グリルしたものをそのまま食べてももちろん美味しいけど、サラダにのせても美味しいしキレイです。

f0376101_06573118.jpg
ローストビーツ、クレソン、フェタチーズ、プロシュートのサラダ


f0376101_08210048.jpg
f0376101_06502267.jpg
ローストビーツとパンプキン、ルッコラとほうれん草、フェタチーズのサラダ
これは義母のお気に入りの組み合わせ


ドレッシングはイタリアンでもフレンチでもなんでも… ビーツは、色がキレイなのですが、調理していると手もまな板も真っ赤に… でも不思議と色はすぐ落ちます。 

こちらはこれからだんだん暑くなり、サラダの回数が増えそうな陽気です。







by onetspofoz | 2016-10-12 09:19 | 食、レシピ | Comments(0)


オーストラリア・キャンベラの日々


by Chie

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンクご自由にどうぞ♪

カテゴリ

全体

キャンベラ(周辺)探訪
食、レシピ
日々
ごあいさつ
自然、動物、花、わんこ
シドニー(周辺)
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月

お気に入りブログ

湘南気まま生活♪
専業主婦の本棚
フィレンツェ田舎生活便り2
Waterfront
nanako*sweet...
花便り
フォト de パラダイス
チクチククチート
日々と木曜茶会と兎舎と。
アート農場と庭
写心食堂
薫の写心
SAKOmama 布絵本工房
ドイツで手作り田舎ぐらし
ちょっと田舎暮しCali...

外部リンク

最新のコメント

> otenbaseni..
by onetspofoz at 12:44
Chieさん、初めまして..
by otenbasenior at 00:25
> artfarmand..
by onetspofoz at 14:47
冬の開けっ放しのお部屋 ..
by artfarmandgarden at 14:00
> hanatoyasa..
by onetspofoz at 06:01
とっても美味しそうで本格..
by hanatoyasai at 14:15
> Mikageマダムさ..
by onetspofoz at 12:07
娘とバリへ行ったとき貝の..
by Mikageマダム at 21:23
> sakomamabo..
by onetspofoz at 20:14
まあ、素敵なお皿ですね!..
by sakomamabook at 11:04

検索

最新の記事

ミモザも咲いて…
at 2017-08-23 11:42
さらだたち 料理でもらう元気
at 2017-08-08 12:40
ガンプションというクレンザー..
at 2017-08-03 12:40
インドカレーとサラダ
at 2017-07-24 12:38
パームチーチのお店など
at 2017-07-19 12:12

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧